もう怖くない!痛くない治療をしれくてる歯医者を選ぶ3つのポイント

麻酔は技術だけではなく、設備を見よう!

歯医者さんで治療を行う場合、歯を削ったり、本格的に治療をしている時には麻酔がかかっていますから、痛くないですよね。ですから、痛いのはその麻酔をかけるときです。歯茎に何か所もプスプスと注射針を刺して、じわっと広がってくる痺れる感覚。あれがいやで歯医者から足が遠のいている方もいるんじゃないでしょうか?痛くない麻酔をかけてくれる歯医者さんかどうか、見極めるポイントは3つですよ。まずは注射をする場所に予備的に麻酔をかける「表面麻酔」をしてくれるかどうか。次に、ゆっくりと麻酔薬を注入する「電動麻酔注射」を使ってくれるか。そして注射針は「より細い針」を使ってくれているかどうか。この3つです。歯医者さんのホームページなどをチェックした時、まずここを注意してみてくださいね!

どうしても怖い場合には鎮静法で

いくら痛みの少ない治療をしてくれる、とはいっても、歯医者さんの診療台に乗ると、もう緊張で心臓がバクバクしてきて痛みに敏感になっちゃう…という方もいますよね。そういう場合には、いつの間にか治療が終わっている全身麻酔の処置をしてくれる歯医者さんを選んではいかがですか?麻酔医が点滴を使って静脈内に鎮静剤を投与してくれるので、ぼーっとしている内に、歯医者さんの治療は終わっています。これなら全然痛くないですね!他にも笑気ガスを吸入して、痛みや不安感を取り除く処置をしてくれる歯医者さんもあります。どうしても治療が怖い、痛い場合には、是非そうした歯医者さんを選んでみてください!

究極の無痛は、痛くしないこと!

歯医者さんにかかる理由は、虫歯になるからですね。そして、一度虫歯になった歯は、二度と元通りになることはありません。きれいに処置しても、削ったり何かを詰めたりすると、何かしらの不具合が出る可能性があるんです。ですから、究極の痛くない歯医者さんの治療とは、虫歯になる前に処置をしてくれる歯医者さんなんです!いわゆる予防歯科に力を入れて、歯磨きをはじめとしたセルフケアや、定期検査をしっかり指導して、虫歯にならないように面倒を見てくれる歯医者さんにかかっていれば、痛い治療を怖がる必要はありませんよ!

鎌ヶ谷の歯医者では、虫歯を治す際には、痛みを感じないようにしてくれる無痛治療を行ってくれるので安心です。