これだけは押さえておこう!レーザー脱毛の際にやっておくべき処置

レーザー脱毛の施術を受ける前にしておくべきこと

レーザー脱毛は脱毛効果が高い施術ですが、一般的な脱毛と違って皮膚に大きな負担がかかります。また費用面でも負担が大きく、これらを軽減するためには施術の効率化を図る必要があります。そのためレーザー脱毛の施術を受ける前にしておくべきこととしては、肌の保水と毛起こしがあります。まず脱毛をする際に肌が乾いていると、肌にかかるダメージが大きくなってしまいます。また、埋もれ毛などが多いと、脱毛効率が悪くなり、結果施術に時間がかかって身体や費用面で無駄な負担をかけてしまいます。

レーザー脱毛直後にはしっかりとした肌ケアを行う

個人差はありますが、レーザー脱毛で照射させる熱線を浴びると、肌はひどい日焼けか軽い火傷をしたようにヒリヒリと赤くはれあがってしまいます。こうした症状を放置しておくと肌荒れを惹き起こしてしまい、最悪の場合ケロイドとして肌に跡が残ってしまったなんてことも…。レーザー脱毛の施術を受けたら、しっかりと施術を受けた病院やサロンが推奨する肌ケア対策を行う必要があります。基本は日焼けへの対処と同じような対処を行いますが、中には肌の修復に重点を置いたケアを行っている所もあるので、どのような対策をとっているのか事前に調べてみるのも良いでしょう。

日常的にしっかりとした肌ケアを行っておく

レーザー脱毛を受けるに当たって、保水力がある柔らかい肌を整えておくことはとても重要なことです。施術の事前・事後だけ肌ケアを行っても脱毛効率の良い肌を整えることはできませんので、日常的にしっかりとした肌ケアを行っておく必要があります。女性の場合はこうしたケアを日常的に行っていて気にならない人も多いのですが、男性で普段肌ケアなどを行わないような人がレーザー脱毛を受ける際には注意が必要です。少しでも脱毛効率が高い肌を整えておくためにも、意識的に日常的な肌ケアを行っておきましょう。

女性にとって毛の処理は必須です。その中でも主流なのが脱毛ですが、医療レーザー脱毛は肌へのダメージが少なく安心して利用できるものであり、女性の強い味方なのです。